@自分こころ科学

内観、自己分析、セルフワーク、スピリチュアル

がんばるのコンフォートゾーンから抜けようぜ!

去年から今年、もうすぐ転機となった2月21日がやってくる。

いろいろあった1年。時間なんてただの数字に過ぎないけれど、一瞬の時間に私たちの人生は凝縮されている。

 

双子姉妹さんのSNSは全停止している(この記事を書いたのは2021年1月中旬)

あのシヴァ運営事務所とはどうなったのかな~。

 

すごい内容のメール返信をシヴァ運営事務所からもらって、KitKatのようにサクッと削除。

私は定番のKitKatが好きだー!サクサク感が好きだ。チョコ+@が好き。

 

あの人たちについて改めて調べてみると、私の価値観や世界観とはマッチしないなーと感じた。

え?って思うことが多すぎて違和感がぬぐえない。波動が違うのだな。

 

次元と言ってもその幅は広いから。

一概に低次元高次元といってもどのへんのどのあたりの?なんて魂の性質でも見ないとわからない。

 

妖精の魂とか戦士の魂とかいろいろあるから、そこらへんですでに次元の性質が違うからなあ。生き方が変わるんだよね。話し方も行動も雰囲気もなんもかんも。

 

私は、ふわふわ系やまさにスピ!じゃなくて、ズバッとはっきりと言いたい教えてほしい、まどろっこしいの無理。

 

私は天使に類する魂かと思っていたけれど、違うかも?

観音様が見えたり天使が見えたり、最近ようわからん(笑)

 

ついでにアセンデッド・マスターや天使やハイヤーセルフたちは、私にとって信仰対象じゃなくて、サポーター。仲間。家族。

 

だからなんか、チャネリングして教えて下さいみたいなのって、違うのだな。

「これやるから力を貸して!先導切るのは私、率先するの私!だからサポートよろしく!よっしゃー!やるぞーうおりゃー!!」が私スタイル。

 

じゃあなんでシヴァのイベント参加したのか?

そのときはまだつながりのあった知り合いがその人たちの本を買っていたから。

「そういえばあの人が本を買ってたよなあ。私もやってみよー、あの人も参加するのかな~」が動機。

 

でもその人との学び、魂の約束は、去年3月中旬に終わった。

おつかれでした。自然と次元が合わなくなっていったなあ。

 

その人のいる次元(発言、解釈、思考、行動など)に大きな違和感を持った。

人になにかを与えるのは、すごくちがうと感じた。

 

それから去年までのことはざっくり削除していった。

去年からずいぶん脱皮した。

 

毛皮や毛布を何重にもしたような、重たい重たい思い込みをどっさりかぶっていたから、それを必死になって脱いだ。

 

脱いで脱いで脱ぎまくって、いまもまだまだ脱いでいる。

 

いっぱいっぱいがんばってきた。

がんばった。よくがんばった。

だからもうがんばって安心しようとするのはやめよう。

がんばるというコンフォートゾーン(安全地帯)から抜けよう。

いままでのやり方にしがみつくのはやめよう。

いつだって人生は挑戦だ。

がんばらないをがんばる。

コンフォートゾーンから抜け出して未開のエリアに一歩ふみ込むのだ!

人生は挑戦と冒険だ!