@自分こころ科学

内観、自己分析、セルフワーク、スピリチュアル

「嫌いな人間」「許せない」は、暴力の正当化だ

年末年始ってつまらなくなる。

ルーンファクトリー5は来年5月発売だし。

牧場物語はスルーするし。

納税の書類作成も来年だし。

大掃除はしたし。

 

私がたのしみにしていたことがぱーっとなくなる。

年賀状は今年は書かないし。

キャラクターの年賀状が売れたって・・・みんな保存用でしょ。

そんで数年経ったらほとんどの人が熱も冷めて処分するか売るんでしょ・・・。

 

 

 

内観で瞑想をしていてなんども眠くなって。

「やり返し」とか「復讐」とかって、自分がやられたんだからやってもいいじゃんっていうメカニズムなんだよね~。

 

私にやってきた人たちもやられた人たち。

やられた人たちは自分がされたからやってもいいと思いこんでいる。

RPGでいう混乱、恐怖、毒状態。

 

私もやられたんだからやり返したい!

一方的に痛みを与えられておとなしくしているなんて悔しい!クソ!

そう思っていたんだけれど、私の嫌いな人たちと同類になるのはいやだ。

 

私の嫌いな人は私を傷つけたり、不快にしたり、愛のないやつ。

私がそいつらと同じようにやり返してもいいでしょ!って思うのは、そいつらと同類ってことになる。

 

嫌いなやつだからどうなったっていい。

私をやったやつらなんてずっと悔しいままでいてほしい。

いい思いなんてしてほしくないし、喜びも楽しみもない人生をおくれ!と思っていた。

人を不幸にしたんだから当然だ!!と思っていた。

 

私がどうなってもいいから、私の嫌いなやつらは、私やほかの人達を傷つけてきた。

自分がされたんだから、嫌いなやつはそうなって当然だって。

 

でも、そういう嫌いな人たちと同じことはしたくない。

彼らが嫌いなことにちがいはないけれど、暴力の連鎖はここで止めなくちゃ。

 

もう暴力は嫌だ。

暴力を正当化して嫌いなやつと同じやつになりたくない。