自分と心を科学する@こころ科学

内観、自己分析、セルフワーク、スピリチュアル

第1チャクラと第2チャクラクリアリングときゅ~っと腹痛

2日前に『魂からの癒やし チャクラ・ヒーリング/ブレンダ・デーヴィス著』が届いた。

 

第1チャクラ、第2チャクラ、第5チャクラと弱いところ、濃いところを重点的にやっていった。

 

私がさいきんもっぱら取り組んでいたのが、第2チャクラに関する性的なものとか、人間関係に関するものだったのもあるし、教えてもらったから、というのもある。

 

 

 

第1チャクラは肛門。第5チャクラは喉。

第2チャクラに関係するのは第1チャクラ。

第2チャクラの連携捕色が第5チャクラ。

 

 

 

 

第2チャクラを開こう!と思って、つぼみだったチャクラを開くためにクリアリングしていったら、昨日今日あたりから、お腹がきゅうっと締まる。

 

お腹に力も入らない。

夜にきゅううっと締め付けられて、痛い。

おならかなと思って耐えても、おならもでない。

 

いままではお腹が痛くなってから便通っていうのはほとんどなかった。

中学生のときにお腹が痛くて風邪引いていて早退したこととか、なんかストレスかかってでなくてでなくて・・・ってなったくらいか。

心がすごい頑固なときって便も頑固になる感じ。

 

この腹痛って、第1チャクラ、第2チャクラからきたかなあと。

チャクラリーディングすると、便は第2チャクラにとどまって、茶色く見える。

 

クリアリングが、原因っていうより、クリアリングで出てきたあれこれが、腹痛の原因かなあ。

 

 

内観で、いろいろといままでのことを胃で消化するとしよう。

でも、胃からおりて、腸で解消して、肛門で手放すという、もうワン、ツー、ステップがある。

 

胃で消化→腸から肛門へ出る→不要物の手放し、解放

 

ということは、第2チャクラに関する観念、思い込み、感情っていうのが、ためこんできたぶん痛みをともなっていて、なかなか消化から手放しにいけていなくて、きゅうううっとなったのかなあと感じる。

 

つぼみだった第2チャクラがぱっかー開いて固まって動かない。

まるで便と腹痛のように・・・。

 

といって下痢でもなかった。

でも出したらやっぱりすっきり。

トイレで力まず、リラックス~リラックス~と唱えて、力まないようにして出した。

頑固なると余計でないから・・・。

 

 

 

あーすっきりした。古いものが出ていったー!って感じ。

ちょっともやもやしていた気分もすっきりぱっちり。

 

チャクラリーディングでは、第3チャクラが便秘と関わるって言う人もいるけれど、じっさいに見ると、茶色く下腹部にたまっているのは第2チャクラなんだよねえ。

 

お腹が弱いって言う人は、男性にしても女性にしても、男性性(陽気)が弱い。

人間関係も弱いのでストレスにも弱い。そして腹を下しやすい。

味覚もおかしくなっているはずなので、それすらストレスになる。

 

私は弱いわけじゃないけれど鈍感だったなあと思う。

皮膚にさわられるのがすごく嫌だったし、さわられても快感なんてなかった。

味覚もちょっと感じない部分があったりするし、口に入れるものにも無頓着だった。

 

本が届いてから味わうようにしているんだけれど、それまでは早食いだったと思う。

お腹を満たすことが先決で味なんてまずくなればいいや、みたいな。

 

 

第1チャクラは怒りだから、出したくない!って思いがなにかあったかなあ。

頑固になっていても、意固地になっていても出にくくなるのよねえ。

 

でも便秘するほどもう執着心もないので、快便だったんだけれど。

第1チャクラと第2チャクラは、まだいろいろとたまっていたものがメンタル面であったんだろうなあ・・・心当たりがないわけじゃないし。

 

デトックスしたときにどわーっと無自覚のものがいろいろと出てきて、ええー!?ってなった。びっくりたのしい。